ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 一時は一日のアクセス数が3000ユニークを超えるのが普通だった私の漫画ブログだが、だんだんと低下していって今では2000を切ることも、ざらになってしまった。これを何とか復活させる方法がないものか、知恵を絞ってしまう。その時間で記事のひとつも絞った方が効率的かもしれない……。

特定の記事を定期的に投稿する
 昔はハヤテのごとく!でやっていたわけだが、現在は週刊少年誌の感想があるのみで、個別記事もなし、リピーターをキープする力が低下しているのは否めない。月刊誌では個別記事を書いている作品もあるのだけど、感想が月に一回では定期的に来てもらう効果は週刊誌に大きく劣る。
 さりとて週刊誌から個別記事を書き続けられそうな作品のあてもないので、月刊誌のお気に入り作品の考察記事をきまぐれではなく定期的に投稿するようにしてみたい。とりあえずは将国のアルタイル記事を毎週日曜日に投下することを目標とする。

扱う作品のジャンルを絞る
 傾向を揃えることで違う作品の記事でもリピーターを確保できるのではないか。そんな考えは前々からあるのだが、やるとすれば歴史漫画で、歴史趣味は多少騒がれることがあっても基本的に裾野が狭い。週刊少年誌感想との兼ね合いもあり、アクセス数に関していえば逆効果になりかねない。
 とりあえずは自分の好みにお任せとしたい。

過去の名作に力を入れる
 SEO的な話。過去の名作感想は新しく記事が増えにくいわりに、検索はそこそこ期待できる。そのため、たくさん揃ってくると無視できない存在になる。これも定期的に増やすようにできれば頼みになる。

センセーショナルな記事を書く
 炎上覚悟というわけではないが、思い切って言いたいことをぶちまけてしまった方が気持ちも乗って、良い記事が書けるかなぁ、と。ブログタイトル通りに初心を忘れず攻めの姿勢で行こうと心掛けていても、ついつい6年の生んだ“立場”に縛られている気が……。
 考えている事はいくらかあるのだ。上手く文章にできるか、検討する。

こまめにトラックバックやテーマ投稿をする
 忙しさに負けてやらなくなっていたけれど、基本に戻ってしっかりやれば多少なりとも効果があるはず。SEO的にも無視できない。

あきらめる
 というか、他に力を回す。発展性でいえば読書は呼吸の方が期待できる気配も……漫画はアシが早いのだ。

ひたすら面白い記事を書く
 できれば苦労しねーーっ!!!


 などなど考えはするけれど「数」のためにスタイルを曲げるのもやりたくないし、できない。無理にやっても質が下がれば逆効果を招くわけで、難しい面がある。まぁ、落ちていくばかりじゃ面白くないし、苦境を愉しむためにも、あがくための「方針」は欲しい。
 そんなわけで、アルタイル記事の週刊化と、週刊少年誌感想記事を投稿するときにトラックバックピープルを欠かさず利用する辺りを心掛けてみる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/662-c4effa20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。