ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 heartbreaking.:アクセス数の超えられない壁に悩むより、一人の常連を大事にしようを読ませてもらって考えたこと。

>間違っても「だ。である。だが。」等のカタブツな文末表現にしないように。
 「だ。である。だが。」の言い回しを使っている人間として反論させていただきたいのである。
 記事の内容によっても違うのだが、親密さをアピールする表現も諸刃の剣だ。人間関係の体温が鬱陶しくて突き放した物言いのネットに安らぎを覚える人間もいるのである――少なくとも一人は。
 そこそこ知られたサイトなら読者に(自分は運営者を親しく思っているけど、向こうにとって自分は読者の一人にすぎないのだ)と言い回しのギャップゆえに強く感じさせてしまうことや、(自分のような一見は相手にしてくれないんだろうな)と疎外感を感じさせてしまうこともあるのでは。

 そもそも常連さんが生じるのは運営者への「親愛」ではなく、運営者が生み出す記事・作品の質への「信用」が大きいのだと私は考えている。
(ここにいけば私を楽しませてくれるものがあるのだろう)と思わせることが常連さんを生むのだ。記者が好きだからではなく、記事の質が高いと考えているから新聞を毎日読むのと同じである。
 老舗サイトと駆け出しサイトの間に厳然と存在する最も大きな壁がこの「信用」だ。

 もちろん、親密さをアピールする方針も興味深いと思う。
 何度も訪問してくれる人が好きでなければ、自分は馬の耳に念仏を唱えているのだという危惧を振り払えなければ、サイトを続ける士気は維持しがたいものだ。

 でも、一見さんをノイズと見るのは反対だ。
 全ての常連さんは一見さんであったのだから。


明日は明日の風が吹く - アクセス数の超えられない壁に悩むより、一人の常連を大事にしよう(from heartbreaking.)にもトラックバックさせて頂きました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
俺は、ブログを書いてる人物像に興味を持つので、例えば、こいんさんに興味持つとしたら、「とあるブログの舞台裏の中の人」に興味持つと思うんです。

でも記事の質だけを評価して欲しい場合は、一見さんの集まりのアクセスでも、充足感を得る事が出来るかもしれないですね。ノイズってのはちょっと言い過ぎたかもしれませんが、現実問題として、アクセス数が増えないという事は=ほとんどは一見で何を考えているかも皆目検討のつかないノイズに過ぎないんだろうと思います。やはり常連は大事だなあと思います。
2006/07/18(火) 02:37 | URL | ゆがんだはしご #a2H6GHBU[ 編集]
 私としてはブログに出ているのは多面体である人間の一面にすぎないわけで、それでどれほど人を理解できるのか懐疑的に思っているのがあります。
 また、ニュースサイトをやっている関係上記事への見方がシビアです。
 私のような視点は少数派かもしれませんが、存在していることを主張したかったのです。

 個人的には常連さんすら何を考えているのか良く分かりません。誰もが私と同じように読んでくれるなら簡単なのですがね。
2006/07/18(火) 18:34 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
私はブログにおける常連とは共感者であると思っています。
共有された感性への信頼から、次も見たいという思いを持つのだと。

ちなみに私も閲覧者を突き放したような、淡々とした語り口は好きです。
口調ではなく、主張に共感しているからです。
2006/07/19(水) 01:51 | URL | ひばり #TTgQZPTw[ 編集]
 その考えは良いですね。

 共感は刹那的なものだからこそ共感で、慣れすぎた読者さんは本当に共感しているのか論者の影になっているのか、という不安がないでもないのですが。

 だからこそ、突き放した上で信用を得られるなら誇りが持てるわけでもあります。
2006/07/19(水) 23:13 | URL | こいん #7rOtuwVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/76-8644437a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 私も「だ。である。だが。」の使い方をする事がある。というより、ここ(明日は~)や、ひとりごとでは、結構多い。昔は、コンテンツ毎に文体を変えていたので、「だ。である。だが。」文体のコンテンツもあったもんだ。それによって、多少怖い人だと思われたりした事も
2006/07/18(火) 22:57:49 | 明日は明日の風が吹く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。