ブログを運営するに当たっての試行錯誤や考えを述べるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 だいぶ前からこんなバトンが発生している。
 大量の漫画作品名を列挙して、それを知っているか読んでいるか聞いたこともないかを答えさせる。その記事をみたブロガーは必ず同じようにしなければならない。

 その結果、このバトンで取り上げられた作品名でブログ検索すると酷いことになる。延々とこのバトンをやったブログが表示されるのだ。
 内容は0か1のみ。たいていの検索者の求める情報からは程遠い。全てをまとめ上げて統計をとれば面白いかもしれないけど、基本的にはノイズに近しい存在だ。そう、ブロガーが蛇蝎のごとく嫌うトラックバックスパムと同じように。

 もちろん、このバトンに答えているブロガーに悪意はない(見たら強制という点でバトンをはじめたブロガーには稚気のような悪意――悪戯心を感じるが)。
 しかし、結果としておこっている現象はある種、破壊的だ。

 そのブログの常連のとってはブロガーの嗜好は興味があるところでバトンには一定の意味があるし、ブロガーにとってもネタに困っていたり、足跡の残るものの場合付き合いの上で――この辺りが嫌らしい――バトンをやるだけの理由がある。
 一方でブログ検索する人間にとっては、うっとうしいだけ。そして真剣に感想や考察を書いているブロガーにとっては自分の記事が瓦礫に埋められることになる。SEOに強いベテランならまだしも出世欲のある駆け出しブロガーにとってブログ検索の意味は小さくない。
 常連さんとは別に「あるトピックス」で熱心に読んでくれる(とアクセス解析から思われる)読者がいることは士気を維持する上で相当意義のあることだから。
 しょうじき彼らの邪魔をするなと言いたい。せめて強制をやめてほしいものだ。

 まぁ、この問題に対処すべきなのはブログ検索エンジンと検索者でバトンを検索単語から除くなりなんなりするのが妥当だろうな。

(根本的な問題はブログがツールとして二面性を持ち続けていることにある。すなわち相互理解と自己表現)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weblognote.blog50.fc2.com/tb.php/86-f4a40710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。